" />

転職ノウハウ

転職活動における説得力のある自己PRの方法とは

新型コロナウィルスが蔓延している中で、転職活動もなかなか上手くいかないのではないでしょうか?

その中で転職活動における説得力のある自己PRをアピールしないと内定が遠のいてしまいます

「私もコロナ禍の中でなかなか自己PRが上手くいかなかったのを覚えています」

今回はそんな自己PRが上手くいかない!という方に少しでもお役に立てればと思います

 

 

転職活動の自己PRの大切さ

就職活動では、いかにして自己PRをするかが大切ですが、具体的なエピソードがあると訴求力が上がります。

企業が人材を選考する中で、重要視しているものの中に応募者による自己アピールの内容です。

 

説得力のある言葉

採用面接の時にどんな話題になるかは会社によって違いますが、多くの会社が面接では自己アピールを求めてくるといいます。

自分にできることは何で、どういった強みがあるのかを、説得力のある言葉で話せるかどうかが大事です。

 

自分自身と一度しっかり向き合う

自己アピールの方向性を考えるためには、自分自身と一度しっかり向き合っておくことです。

実際の面接試験の本番で、いきなり適当に始めるようなことでは、しっかりとした内容になることは無いでしょう。

事前の準備をせずに行き当たりばったりの面接試験を受けると言葉の薄っぺらさが採用担当者には見抜かれてしまうことがあります。

 

自己分析してから自己アピールを作成

就職活動をするときには、自己分析をするのが当たり前ですが、これは転職活動においてもいえることです。

転職活動も就職活動の一種といえますので、就職活動と同様に自分自身を振り返ってから自己アピールの方向性を決めておきましょう

 

転職のための自己分析の方法【自分の強みを言語化】

なんとなく「転職したいな」と思っていざ転職活動を行っても、「自分に合った仕事が分からない」と悩んでいませんか? 転職活動を始める前にやらなければならない事があります。「自己分析」です。 「自分自身の短 ...

続きを見る

 

実績や過去の経験、保有資格を根拠に

自己アピールに用いる根拠とは、実績や過去の経験、保有資格などです。

こんな実績を持っている、こんな経験をしている、だから、会社でこういう形で能力を発揮できるという言い回しができます。

出来ますとか頑張りますと主張するのは悪くはありませんが、その根拠となるものを伝えるが就職活動のコツになります。

 

実績「だけ」をアピールすると逆効果

転職活動の一番失敗してしまう事例がこちらになります

今までの実績だけをアピールしすぎてしまうと逆効果になってしまいます

 

仕事の出来る人ほど転職失敗する事例

「社長賞を取った」

「売上高社内ナンバー1を連続達成しました」

等、どうしてもよく見て欲しい一心でアピールしてしまいます

転職活動の落とし穴ですが、転職先の面接官はそんな実績にはあまり興味がないのです

『たまたま担当しているエリアが良かったのではないか?』

『社長賞といっても本当にこの人だけの力だけで取ったのか?周りのサポートの影響はなかった?』

など、あまりにも実績だけをアピールするとかえって薄っぺらな人間に見られます

 

実際にあった私の失敗事例

私はカーディーラー営業マンで全国表彰や社長賞などもいただいた事があります

ですので「これだけ実績があれば転職も余裕でしょ」

なんて思って転職活動を始めました

自己分析し自己PR文を書いた内容がこちらです(一部抜粋)

 

○○店にて目標4年連続達成。個人賞を4年間受賞経験があります。

年間販売台数100台以上、管理職としても部下の指導を行い、部下の実績も上げることが出来ました

本当に事前準備が出来ていないとこんなモンになっちゃう悪い事例です

これ、ただの嫌なヤツですね( ´∀` )

 

 

これから紹介する例は実際にキャリアアドバイザーに添削してもらったものです(一部抜粋)

○○店にて営業に従事した4年間で、お客様との対話を重視した仕事をしてきました。何故かというと様々なお客様の声を聞くことにより提案する機会損失を失う事なく次の売上に繋がる事を経験してきたからです。

点検でご入庫いただいたお客様との会話の中で、そろそろ結婚し、お子様も生まれるというお話になり、「それであればもう少し大きな車が良いですね」いった具合にそのお客様の家族構成やお客様自身が思っていなかったニーズを浮き彫りにする事が出来、車の乗換えのお手伝いをさせていただいたことがあります。

「お客様との会話」は一見地味な事ではありますが、コツコツと積み上げてきた結果、4年間で目標達成賞を社内トップをいただくことが出来、その仕事内容を部下にフィードバックしてきたことにより、後輩の実績も毎年向上する事が出来ました。

 

自分自身で自己PRが上手くいかない場合は?

 

自分自身で自己PRを上手く書いたり面接官に伝えることが出来る方には必要ないですが、そもそもこちらの記事を読んでいるという事は多少の迷いがあるかと思います

では、そこで具体的に「どうすればいいのか」

ポイント

・自分自身でネットから情報収集

・転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談(無料)

・有料のキャリアコーチングに相談

 

 

自分自身でネットから情報収集

ヤフー知恵袋などで相談にのってもらう

転職・キャリア形成に 社会人こそOB訪問 CREED無料登録
(オンラインで面談、リアルな経験者の生の声が聞ける)

 

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談(無料)

プロのキャリアアドバイザーに相談、登録もコーチングも無料

・メリットは全て無料

・デメリットは登録後、年齢や年収、エリア等の理由により相談にのってくれない場合あり

オススメ転職エージェント

dodaエージェントサービス・・・キャリアアドバイザーの質が良い

リクルートエージェント・・・業界最大手の安心感

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」 ・・・年収アップしたいならおすすめ

有料のキャリアコーチングに相談

人生に向き合うキャリアコーチング【マジキャリ】

「人生を変えるキャリアコーチング」

初回相談無料
顧客満足度92%
転職しない人もOK

実際にお願いすると金額は高い(2ヶ月コースで月々17000円)が年収アップやこれからの転職活動が有益になるならとても安い初回無料カウンセリングでやめてもOK

 

さいごに

今回は転職活動における説得力のある自己PRの方法を解説いたしました

コロナ禍の中での転職活動は本当にツライですよね

少しでも多くの方が転職し、安定した生活を送る事が出来たら幸いです

  • この記事を書いた人

D課長

D課長の情報 現役25年地方国内自動車ディーラー営業マン 転職活動を行う傍ら、新卒・第二新卒の採用面接担当者でもあります 出来る限り忖度なしの情報をぶっ込んでいきたいと思い立ち上げました 過去には全国表彰3回,社内TOPは十数回獲得。現在は店舗マネジメント業務が主な仕事です

-転職ノウハウ

© 2022 D課長40代営業マンの転職ブログ Powered by AFFINGER5