" />

雑記

「現役25年の営業が解説」新卒でディーラー営業に就職は後悔する?こんな人は無理な特徴4選

車が好きだからディーラー営業やってみたいけど後悔するかな?

入社したけど全然思っていた環境と違ったら折角の就職活動が台無しですよね

そこで、ディーラー営業への就職を検討している大学生に向けて辞めておいた方がいいタイプを徹底解説します
就職活動で悩んでいる方へ一例ではありますが参考になれば幸いです

ここでは

ディーラー営業に就職しない方がいい人の特徴4選
ディーラー営業にオススメなタイプの特徴

を解説します

最後まで読んでいただくことでディーラー営業の本当の真実を知っていただき「自分がディーラー営業に向いているか」の判断が可能になります

 

 

 

新卒でディーラー営業に就職は後悔する?こんな人は無理な特徴4選

 

早速結論です

ディーラー営業に向いていない方の特徴

・オタクタイプ(車オタク・アイドルオタク・政治オタク)
・オンとオフを分けるタイプ
・頼まれると断れないタイプ
・プレッシャーに弱いタイプ

 

詳しく解説します

 

オタクタイプ(車オタク・政治オタク)

現役のディーラー営業ならあるあるだと思いますが、ディーラー営業で車好きなタイプは「成績が悪い」です

営業は仕事であり、時には自分自身が納得しない車も売らないといけない事があります

車が好き過ぎるとかえって売るときに「好きでもない車売るの嫌だな」みたいな状況になってしまうからです

また、その他の事例では政治について「どこの政党推し!」みたいになってお客様との会話で喧嘩になってしまう事もあります

ですので政治について一歩もひけない!なんてタイプの方にはディーラー営業はオススメ出来ません

 

 

オンとオフを分けるタイプ

 

「え?オンとオフを分けるタイプの方が良い営業じゃないの!?」

と言われるかもしれませんが、現実は違います

ご覧になっている方が車を売って、承認欲求を満たされたい!という方でオンとオフを分けたい!と思っているときっと車は売れないでしょう

現実問題として、ディーラー営業は高級車ディーラーほどお客様優先に行動しないといけません

私の経験上、

輸入車ディーラー
トヨタ系(レクサス)
日産系
ホンダ系
その他
上から順に自分の休みの時間がバラバラでお客様の都合に合わせて休まざるを得ない(完全に主観ですが)

「お金持ち系」や「富裕層系」ほど要求はシビアになってきます

「この日は映画館に行こう!」と思ってシフト休を入れていても、お客様がその日にしか契約に来れないとなると休日出勤しなくてはいけない場合もあります

「振替休日取ればいいじゃん」と思いますよね?

ディーラーの営業所によってはスタッフが少なすぎて振替休日が中々取りにくい場合もあり、結局休日出勤になってしまうケースもあります

また、月末には登録しないといけないからと、定休日まで使って他県に車庫証明を出しに行ったり登録に行ったりしないといけない場合もあります

オンとオフを完全に分けたい!と考えている方には絶対にディーラー営業はオススメしません

「目標達成」と「休日出勤」はトレードオフなんです

 

 

上司に詰められても平気なメンタルと低賃金に我慢出来れば大丈夫ですが

 

頼まれると断れないタイプ

 

「俺の納車する予定の車の洗車しておいて」
「○○さんてお客様が来たら書類貰っておいて」
「イベントの計画書作っておいて」
「任意保険の見積もり書、代わりに作成しておいて」

こんな感じで頼まれて「はい、わかりました」

と言っちゃいそうなタイプはいずれ疲弊してきます

それで内心、「自分でやってくれよ・・・」

と思いつつ、仕事を受けてしまうパターンになります

これは性格の場合が影響するので断れないタイプならディーラー営業には向かないです

 

プレッシャーに弱いタイプ

 

売れなかったらどうしよう

怒られたらどうしよう

クレーム来たらどうしよう

失敗したらどうしよう

結論、真面目でプレッシャーに弱い人ですね

昔の私がまさにそうでした

結果、全然楽しくなかったし売れませんでした

ただ経験年数やトレーニングで比較的改善出来るところでもあります

クレーム対応の記事も紹介しています

25年経験してきた中で、比較的信憑性はあるのではないかと思います

 

ディーラー営業にオススメなタイプ

 

ではディーラー営業にオススメなタイプはどんな人でしょうか

 

ディーラー営業にオススメなタイプ

・体育会系タイプ
・思考停止タイプ
・ネットに疎いタイプ

 

体育会系タイプ

特に野球部などの縦社会に染まった方には居心地が良い環境かもしれません

「上司の指示は絶対に逆らえない」
などというタイプには本当に仕事がしやすいです

良くも悪くも体育会系は営業の世界では重宝されます

また

・礼儀作法が身に付いている
・声のハリが良い
・爽やかさがある

上記の様に感覚というよりもきちんとした理由があり、実際にディーラー営業向きです

 

思考停止タイプ

 

とりあえず言われた事をやってみるとか
自分自身で考えて仕事するのが苦手・・・

この様なタイプの方もディーラー営業に向いています
ただ、思考停止タイプは経験を重ねていくうちにどんどん他の営業に追い抜かれてしまい、永久に平社員確定です。勉強しましょう

 

【商談で差がつく!】営業マンが必ず読むべき本「営業の魔法」

 

ネットに疎いタイプ

 

「20代だけどパソコン苦手なんだよね」こんな方はいませんか?

ディーラー営業でもPCを使いますが、PCの技術があるからといっても必ずしも車が売れるわけではありません

かえってPCが出来る社員に任せて、営業活動をしたり、早く帰ったり出来ます
「あいつはどうせパソコン苦手だからこの仕事をお願いするの辞めておこう」

こんな感じでかえって仕事効率化が進みます

 

まとめ

ぶっちゃけ、ディーラー営業は今のところまだブラック体質です

大学を卒業し、就職を検討している方には正直にお話しないといけないと思い、今回正直な現状をお話しました

ただ、「このままじゃいけない!」という現役ディーラー営業もいます

少しづつより良い環境になりつつあるのも事実ですので

一緒にディーラー営業界の改革に参画していただける方はぜひ就職しましょう!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

D課長

D課長の情報 現役25年地方国内自動車ディーラー営業マン 転職活動を行う傍ら、新卒・第二新卒の採用面接担当者でもあります 出来る限り忖度なしの情報をぶっ込んでいきたいと思い立ち上げました 過去には全国表彰3回,社内TOPは十数回獲得。現在は店舗マネジメント業務が主な仕事です

-雑記

© 2022 D課長40代営業マンの転職ブログ Powered by AFFINGER5